チャリベル!

自転車と旅が大好きな大学生女子の徒然日記

最終日

最終日。
自転車で空港へ向かう。

最後の最後なのに、
盛大にコケた。

f:id:charivel:20180115022835j:plain



山を越えなくちゃいけなくて
こんな綺麗な風景を山の上で見て
そっから50kmペースで坂道下ってたら、溝にタイヤがはまって転倒して
大根おろしみたいにコンクリートで膝と肘を擦った後、
体が道路に投げ出されて、運良く後ろに車はいなかったので大急ぎで道の脇に逃げて
滲み出る血を服と手ぬぐいで縛って止める

という事態になり、

そっから

f:id:charivel:20180115022855j:plain



パンクしたタイヤと壊れた変速機の自転車を押しながらどうにか下山。

f:id:charivel:20180115022909j:plain



ペダルもわりとやばい。

血みどろ。

運良く通りがかりの車に乗せてもらって町に到着。

f:id:charivel:20180115022919j:plain



絆創膏げっつ。
服も1着、血みどろになったから捨てる羽目になったが、荷物が軽くなってよかったw

f:id:charivel:20180115022935j:plain



で、お土産買ったりご飯食べたりして、夕方に徒歩で空港に向かう。

まじで、血みどろの小汚い小娘(笑)

f:id:charivel:20180115022950j:plain



生きてることのありがたさをこんな所で実感して「神様助けてくれてありがとう」的なことを一人で空に向かってつぶやく、という謎の展開。

いやあ、ちょっと怖かった。

f:id:charivel:20180115023002j:plain



で、日暮れ頃、空港に到着。

f:id:charivel:20180115023016j:plain



自転車を解体したり

止血し直したりししながら夜明けの便を待つ。

空港の床で寝たのは初めてだったが、結構そういう人もいたので、ちょっとワクワクしたw

f:id:charivel:20180115023028j:plain



で、ぶじ飛行機に乗って

f:id:charivel:20180115023039j:plain



帰国しましたとさ。

めでたしめでたし。
わりと本気でめでたし。
生きてるってすごい運のいいことなんだなと思いました。生きて帰れてよかった。

こうして私の2ヶ月に渡るオーストラリアWWOOFは幕を閉じたのでした。

ラスト4件目!

お久しぶりです。
最後の4件目での様子を少々。

f:id:charivel:20180115021202j:plain



3件目から4件目へは自転車で移動。

f:id:charivel:20180115021218j:plain



いらない荷物。

f:id:charivel:20180115021236j:plain



いる荷物。

ラストホスト宅でのステイは1週間だけだったので、いらない荷物は3件目ホスト宅に預かってもらい、出発。

我ながら、荷物を少なくするのは上手いと思うw

f:id:charivel:20180115021254j:plain



敷地内に川が流れてる。めちゃくちゃ敷地でかい。

f:id:charivel:20180115021320j:plain



雰囲気的には、1件目の山の上のお宅を平地にした感じ。
かなりワイルドな夫婦、だと思う。

f:id:charivel:20180115021337j:plain



キッチンも蒔オーブン。

f:id:charivel:20180115021351j:plain



電気は100%太陽光発電
だから電気代とかかからない。

f:id:charivel:20180115021405j:plain



私のすみか。

f:id:charivel:20180115021418j:plain



水撒きが始まると入れない。

f:id:charivel:20180115021432j:plain



トイレは洋式ぼっとん。

f:id:charivel:20180115021447j:plain



飼ってる。

で、ご飯は、久しぶりのミート!
火を使えることのありがたさよ。

f:id:charivel:20180115021506j:plain



f:id:charivel:20180115021518j:plain



f:id:charivel:20180115021534j:plain



手作りデザート。

f:id:charivel:20180115021549j:plain



麺も手作り。

f:id:charivel:20180115021605j:plain



f:id:charivel:20180115021617j:plain



f:id:charivel:20180115021628j:plain



おやつ。

f:id:charivel:20180115021639j:plain



この一週間はまじで肥えた。
2kgくらいたぶん。

実に美味でした。

f:id:charivel:20180115021655j:plain



マンゴーをメインに育てててマンゴーの木が300本あるので、
仕事としては、スプリンクラーのチェックをしたりスプリンクラー直したり、

木の枝拾ったり、その他マンゴー以外の畑の世話したり。

しましたとさ。

のどかな一週間でした~

こうして私の約2ヶ月に渡るWWOOF生活は終わったのでした。

と思ったら、帰り道の自転車で散々な目にあったので、次の記事はそれを書きます、お楽しみに!

コアな3件目Vegan!③~Work&Amusement~

さて、一風変わったVeganなファームでのお仕事。

いろいろ。

f:id:charivel:20180115015548j:plain



掃除、草抜き、Plantの世話

f:id:charivel:20180115015602j:plain



パイプ通すために穴掘ったり、
バナナ植えるために穴掘ったり。

あとは、トマトのツルが上に伸びていけるように、
庭に生えてる竹でオブジェみたいなのを作ったり。

f:id:charivel:20180115015632j:plain



お父さん、お母さん、子供。

f:id:charivel:20180115015648j:plain



お母さん増殖。

f:id:charivel:20180115015706j:plain



木の根についた土をひたすら削りまくってオブジェを作ったり。
立派な根っこだ。


そしてお楽しみはといえば、マーケットです!

基本、マーケットでしか買い物をしないので、週に一回のマーケットではめちゃくちゃフルーツを買う。

f:id:charivel:20180115015719j:plain



早朝。

f:id:charivel:20180115015736j:plain



箱買い基本。

f:id:charivel:20180115015750j:plain



ここにも。

f:id:charivel:20180115015803j:plain



ここにも。

f:id:charivel:20180115015816j:plain



ここにも。
これを5日で消費するすごさw

f:id:charivel:20180115015828j:plain



マーケットでは以前のホストや、前に一緒だったWWOOFerさんとかと再会できて面白い。

週一回のマーケットは週一回のお買い物。早朝とはいえ心踊るイベントでした~

そんなWork&Amuseでしたー!

コアな3件目Vegan!②~Eat~

こんにちは!
WWOOF3件目ホスト宅でのご飯の様子をレポします~!

3件目ホストのおじさんはなんとVegan。

f:id:charivel:20180115014527j:plain



生の野菜やフルーツ、ナッツなどしか食べないVeganの生活。

f:id:charivel:20180115014547j:plain



ヨガルーム。

朝2時間みっちりヨガをやって冥想してからWork。
修行僧かよ!って感じ。

だが、私、こういうの大好きなので居心地が良かった~

で、大事な大事なごはんです。

基本、昼はフルーツ、夜はサラダ。

まずは昼のフルーツから!

f:id:charivel:20180115014614j:plain



毎日、メロンジュースがでる‼︎
しかも、新鮮なメロンをミキサーでスムージーにした、100%メロンジュース。

たぶんこんなのが毎日飲める事など、この先一生ない気がするw

f:id:charivel:20180115014629j:plain



毎日

f:id:charivel:20180115014644j:plain



毎日‼︎
うほー‼︎

ここで生活する人達は朝ごはんを食べない(必要最低限のエネルギーで生活するためだそう)ので、ランチは結構ガッツリ、

f:id:charivel:20180115014706j:plain



フルーツ天国!

f:id:charivel:20180115014726j:plain



こんなランチを毎日食べる事もこの先一生ない気がする。

f:id:charivel:20180115014752j:plain



冷凍してあるフルーツを機械(ドリルみたいな)でウイーンとやって、アイスクリームも作ったり。

f:id:charivel:20180115014814j:plain



f:id:charivel:20180115014837j:plain



ドラゴンフルーツ。

f:id:charivel:20180115014906j:plain



イエロードラゴンフルーツ。
めちゃくちゃ甘い。結構高価。

f:id:charivel:20180115014926j:plain



毎日。

f:id:charivel:20180115014939j:plain



毎日(笑)

f:id:charivel:20180115014955j:plain



派手な色、派手な形、派手な匂い、派手な味。

f:id:charivel:20180115015014j:plain



実に自己主張の強い南国のフルーツ達。

しかし、そんなアピール合戦の中、私を1番に魅了したフルーツは、

f:id:charivel:20180115015041j:plain



こいつだ。

f:id:charivel:20180115015052j:plain



悲しいくらいに絵にならない(笑)
もうちょっとカッコつければ?
みたいな外見してるがこいつ、

美味です。

味も自己主張少なくて、「え?」って思うかもしれないが、そういう所が良かったりする。

ブラックプリンフルーツとかブラックサパエティー(ブラックサポテ)っていう。

柿の種類らしい。
日本ではみないですね。

オーストラリアに行ったらぜひご試食を。

で、ランチはこれくらいにして。


夜のサラダ!

f:id:charivel:20180115015109j:plain



1日目は「これが夕飯?」ってまじでびびった。

f:id:charivel:20180115015126j:plain



慣れると普通。

f:id:charivel:20180115015140j:plain



レパートリー豊富。
ドレッシングも毎回、野菜や果汁を混ぜて作ります。

f:id:charivel:20180115015200j:plain



水でふやかしたナッツや穀物を混ぜて乾燥機で乾燥させ生地を作って、Raw Pizza たるものも食べました。

f:id:charivel:20180115015219j:plain



Raw コーンスープ。

f:id:charivel:20180115015242j:plain



Raw ケーキ(市場で購入)。

f:id:charivel:20180115015301j:plain



Rawボール。
レーズンとナッツや穀物類で作った。めちゃくちゃうまい。止められないうまさ。


めちゃくちゃヘルシーだw

毎晩、ホストのおじさんと、ニュージーランドから来たWWOOFerのお兄さん、ハワイから来た仙人みたいな旅人のお兄さん、私、という不思議なメンバーで机を囲み、食べ物の話や健康の話をしながらサラダを食べる静かな時間。

実際、知らない人がこの様子を見たらかなり変わってると思う(笑)
話の内容の85%くらいが食べ物か健康の話だし。

おかげで、食生活についてはすごく勉強になった。これは本当にすごく。

f:id:charivel:20180115015316j:plain



元々、Veganの生活を送ってる人って何かきっかけがあって始める人が多い。

食事も生活も丸ごと変えちゃえるくらいの身体的、精神的な理由(病気とか)を過去に抱えてたことがあったり今も抱えてる人だから、食や健康に対する意識も並みじゃない。

そういう人達に混じって実際にそういう生活を2週間も送れたのは、貴重な体験でした(^ ^)

と、VeganライフのEatingこんな感じでしたー!

コアな3件目Vegan!①~Place~

3件目に移りまーす!

2件目のお宅には2週間居たのですが、その間マーケットで声をかけてもらったファームの人の所で働かせてもらえることになりました。

f:id:charivel:20180114222103j:plain



場所はキュランダ。
ケアンズから30kmほどの森の中の街。

f:id:charivel:20180114222126j:plain



観光客がわんさかいます。

f:id:charivel:20180114222202j:plain



f:id:charivel:20180114222229j:plain



元々アボリジニの住んでる地域(?)とかなんとかで、アボリジニアートや楽器などが街中に並んでる。

f:id:charivel:20180114222248j:plain



凝った街角の何か。

f:id:charivel:20180114222307j:plain



悪い夢(?)を捕まえるやつ。

f:id:charivel:20180114222322j:plain



綺麗なお皿~!

f:id:charivel:20180114222339j:plain



カンガルーの皮。モコモコ!

f:id:charivel:20180114222351j:plain



たぶん本物のワニ。

f:id:charivel:20180114222411j:plain



色使いが綺麗。

f:id:charivel:20180114222427j:plain



図書館がある。一応ちゃんと村。

f:id:charivel:20180114222446j:plain



しゃれちきゴミ箱。

f:id:charivel:20180114222507j:plain



なんとも言えぬ雰囲気を背中から感じる。

f:id:charivel:20180114222523j:plain



オスカル!(※ちがいます)

と、キュランダの町の紹介はこんなところで、私のステイしたファームは町から5kmほどいった森の中のでした。

f:id:charivel:20180114222547j:plain



ファームなので一応野菜やフルーツを育てているんですが、メインはどっちかというと「宿」!

実はこちらのホストのおじさん、"Vegan"なのです。

Veganとは、Raw(生)の野菜やフルーツ、ナッツなどしか食べず、火を使わない食生活をしてる人達。

そんなVeganとヨガをミックスさせて、そういう人達が訪れる宿(?)みたいな場所を経営しているのです!

f:id:charivel:20180114222607j:plain



なので、すごくおしゃれな部屋と家具に囲まれた毎日を過ごすことができました。

f:id:charivel:20180114222622j:plain



で、話はVeganに戻りますが、ここに来るまでそういう文化を知らなかった私は最初ちょっとビビったのですが、実際一緒に生活してみると、なんか修行僧みたいな感じで結構私好みのライフスタイル。


そしてごはんがまた面白い。
続きは②へ!!

2件目ホストはベジタブル④~Enjoy~

2件目のお宅には約2週間お世話になったのですが、その間に一度大きなマーケットに参加しました!

f:id:charivel:20180114220801j:plain



こちらが、出したお店。

f:id:charivel:20180114220821j:plain



f:id:charivel:20180114220838j:plain



植物園!


Workは休日ということで、準備が終わったら、あとは自由にしてていいよ~と言われたので、マーケット散策。

f:id:charivel:20180114220902j:plain



お隣は帽子やさん
おばあちゃん一人で全部手作りしたらしい。根性。

f:id:charivel:20180114220919j:plain



お向かいはスカートやさん
色がすごく綺麗!

f:id:charivel:20180114220948j:plain



ガラスの絵(?)

f:id:charivel:20180114221008j:plain



Beautifle!

f:id:charivel:20180114221033j:plain



ガラス(?)

f:id:charivel:20180114221050j:plain



なんかよくわからないけどすごい。

f:id:charivel:20180114221108j:plain



愛をこめて花束を

f:id:charivel:20180114221131j:plain



おじさん

f:id:charivel:20180114221158j:plain



f:id:charivel:20180114221214j:plain



f:id:charivel:20180114221241j:plain



お昼に買ってもらったココナッツのデザート。

すごく綺麗な丘の上の街でのマーケットでした!


そして翌日。ホストご夫婦のワークショップ。

f:id:charivel:20180114221300j:plain



内容はもちろんPlantについて。

英語だし専門用語出てくるし、85%くらいたぶん理解できてなかったけど頑張って4時間聞いたぜw

以前、合唱団の練習(ホストご夫婦、合唱とラインダンスもやってる)に連れて行ってもらった時に会ったJapaneseGirlのWWOOFerさんともここで再会。

オーソレミーオを一緒に歌った仲だけあって、喜びの再会。
彼女は一年休学してワーホリやWWOOFやトラベルをして回ってるらしい。

うほ。

f:id:charivel:20180114221317j:plain



と、そんな感じで2件目のお宅でも色々と楽しませてもらいました(^ ^)

2件目ホストはベジタブル③~Work~

こんにちは!
だいぶ間が空きましたが今回は、2件目のホスト宅でのWorkについて~!

f:id:charivel:20180113200012j:plain



こちらのお宅のある田舎町マリーバでは、時々朝に気球を見ます。

ケアンズからの気球ツアーか何か。
ツアーが終わったら、最後に皆で気球の後片付けするらしい。
シュールだw


そんな気球を見ながら、お仕事スタート!


こちらのお宅でのお仕事は毎日違います。

f:id:charivel:20180113200031j:plain



初日はガーデンでとれた野菜の袋詰め。

f:id:charivel:20180113200059j:plain



自慢のレタス

f:id:charivel:20180113200112j:plain



なんだっけ

f:id:charivel:20180113200129j:plain



f:id:charivel:20180113200148j:plain



ケイル

f:id:charivel:20180113200201j:plain



f:id:charivel:20180113200228j:plain



なえも
f:id:charivel:20180113200242j:plain

いっぱい。

f:id:charivel:20180113200307j:plain

f:id:charivel:20180113200353j:plain



ドラゴンフルーツ

f:id:charivel:20180113200408j:plain



バナナ!

f:id:charivel:20180113200421j:plain



オレンジやみかんも。

f:id:charivel:20180113200517j:plain



カスタードアップル
「なんごくう~」な雰囲気。

f:id:charivel:20180113200437j:plain

ブッシュレモン
レモンよりちょっと甘みがあるらしい。

f:id:charivel:20180113200544j:plain



パパイヤたわわ。

f:id:charivel:20180113200607j:plain



パッションフルーツたわわ。

f:id:charivel:20180113200627j:plain



ドラゴンフルーツたわわ

f:id:charivel:20180113200643j:plain



ドラゴンフルーツざわわ


何種類のベジタブル&フルーツがこの庭には植わってるのか、最後までわからなかった(笑)

ともかくすごい種類のEdible Plantsがお庭に植わってる。しかも、ほぼ全部自分達で植えたらしい。


すごい根性だ。

とまあ、ガーデンでのお仕事はこんな感じ。

また別の日には苗を移す作業や、週末のマーケットで売るフルーツを収穫したり、

鉢をサイズごとに分けるとか、そんな感じの作業。

時々、休憩中にお孫さんの遊び相手をしたり。


f:id:charivel:20180113200659j:plain



これはシュガーケイン(サトウキビ)!お孫さん達みんな大好きらしい。

f:id:charivel:20180113200715j:plain



これも、その日に収穫したもの。まさかこんな所でサトウキビの収穫ができるとは。

あとは、ベジタリアンのご家庭なんですが、卵は食べるらしく、

f:id:charivel:20180113200737j:plain



鳥達のお世話☆

結構いっぱいいます。立派なとさか。

f:id:charivel:20180113200759j:plain



こいつらはギニフェルっていう野生の鳥。ハトみたいな感じ。

f:id:charivel:20180113200835j:plain



常に集団行動。

かわいいような、でも見てると時々イラっとするような(笑)
「一生懸命生きてるもん~」って感じの、鳥。


ともかく、よくこの敷地の中にこれだけの量の野菜やフルーツが植わってるよなー、という感じのお宅でした。

オーガニックファームについて学びたい人にはうってつけな感じ。


以上、2件目ホスト宅でのWorkでした!